校長挨拶

羽高校舎-009

ようこそ、羽後高等学校のホームページにおいでくださいました。

本校は、昭和23(1948)年9月、学制改革と時を同じくして、県立湯沢南高等学校(現湯沢高校)定時制課程西馬音内分校、田代分校として開設されました。昭和61(1986)年9月には川原田の木造校舎から大戸の現校舎に移転し、昨年創立70周年を迎えました。

常に地域とのつながりを大切にし、地域の皆様からの温かいご支援に支えられながら発展してまいりました。「精進努力」の校訓のもと、「21世紀をより善く生きる、心豊かで有為な人材の育成に努める」ことを教育目標に掲げて、「地域に開かれ、地域に信頼される学校、小さくとも温もりのある学校」とすべく、日々の教育活動に邁進しております。

生徒一人ひとりの志望進路を達成するために、きめ細かなカリキュラムを展開しております。加えて、学び直しを効果的に行うとともに、地域の小中学校との連携による授業研修、小中で行ってきたふるさと教育を発展させた「羽後学」などを導入し、日々の授業とキャリア教育の関連を一層強化していきます。

教職員一同は、英知を結集し、情熱を注ぎ、羽後町をはじめとする地域との連携を充実させながら、「All for one!」の精神で指導に当たっております。多種多様な学校行事に加え、秋田県、羽後町をはじめとする多くの事業への積極的な参加により、社会の変化に柔軟に、そして主体的に対応できる力を身に付け、心身ともに健康な生徒を育てるべく力を尽くしてまいります。

これからも皆様方の変わらぬご理解とご協力をいただき、ご支援いただきますようお願い申し上げます。

平成31年4月

校長 永井 元